慰謝料請求の依頼方法

裁判所精神的苦痛を金額に換算し請求する慰謝料請求です。目に見えないものであるから、とにかく高い金額を請求しようとお考えになる方は多いことでしょう。しかしそれぞれの原因に対し、おおよその相場はあるため、その相場のふり幅の中でどれだけ請求できるかも、話し合いの腕にかかってくるところがあります。個人でもやってやれないことはありませんが、そこは餅は餅屋で弁護士に依頼することにより、優位になる事もあります。そのような慰謝料請求を弁護士に依頼する場合、どのような流れで行われるのでしょうか。

弁護士弁護士に依頼し慰謝料請求を行う場合まずは、無料相談のアポイントから始まります。時によりその相談で問題が解決することがありますが、解決できなかった時、委任契約を締結し弁護士と契約します。慰謝料請求の場合まず「内容証明」で請求を行います。示談へと話が進まない場合は「調停申立」を行い非公開で簡易裁判所に調停員として専門家を挟み話し合いを行います。それでも合意に至らない場合は「訴訟(裁判)」を起こし、法廷で争うことになります。

内容証明は個人でも行えるため、一般的にそれで示談にならない場合には弁護士に依頼し、話し合いに同席してもらう流れになります。大事な話し合いであるからこそ、感情的にならず理論的に説明できる存在は大きな助けとなる事でしょう。