弁護士の仕事

弁護士相談弁護士に相談する時とは、どのような時でしょうか。ドラマなどでは、事件や事故に遭遇した時活躍しているイメージですが、相続問題や離婚問題など様々な場所で活躍しています。しかし、その活躍は一人がすべて行っているのではなく、数多の弁護士の中でそれぞれの得意分野を持ち活躍しています。そのため、弁護士は得意分野以外の相談をされても問題を有利に解決できないこともあります。

精神的苦痛をお抱えしていて相談したいとお考えの場合、その問題に強い弁護士に依頼することが問題解決への第一歩となります。一言で精神的苦痛といっても配偶者の不倫、近隣トラブル、交通事故、いじめやストーカーなどによる刑事事件、職場におけるハラスメントと多岐にわたります。そのため、慰謝料請求をお考えで依頼すること検討しているのであっても、弁護士は誰であっても良いというわけではありません。交通事故の慰謝料請求に離婚の慰謝料請求の弁護士に頑張ってもらうのはナンセンスです。そのようにならないために、法律事務所で行われている弁護士による無料相談を活用することをお勧めします

また、ナイーブな問題であるからこそ、自分と弁護士との相性も重要になります。そのため、無料相談を利用して事務所の雰囲気などを知る必要もあります。さらに、こちらは慰謝料を請求しようと考えている事であっても、実際に請求できるかどうかは別物であるため、無料相談で確認することも必要です。

このような慰謝料請求を弁護士に依頼して行う方法について次のページで説明します。慰謝料請求をお考え中の方にお役に立てれば幸いです。